HOME
     
 


 実装業界の防湿度管理のパイオニアとして
私達エクアールシーは、実装業界におけるICパッケージ防湿管理のパイオニアであり、かつ専門メーカーとして、ICパッケージ(半導体)やプリント基板専用ドライボックスを製造販売している会社です。
エクアールシーは、McDRY(ICパッケージ防湿管理用ドライボックス)を1990年から実装業界に販売いたしました。
その結果、全世界の大手電気メーカや自動車産業他、約2,000社に約12,000台納入し、20数年間にわたり御利用頂いております。(詳細は
納入実績欄を御参照下さい)


 ICパッケージ(半導体)やプリント基板等のMSL部品の吸湿防止
McDRYは防湿包装(M・B・B)開封後のICパッケージやプリント基板等のMSL部品専用保管庫としてICパッケージやプリント基板が大気中の水分を吸湿しない様、安心、安全を第一とした特別仕様の専用保管庫です。(詳細はMcDRYの特長を御参照下さい)
McDRYの庫内の湿度は防湿包装(M・B・B)と同等の超低湿度1%RHです。その為には庫内に装着している除湿装置はICパッケージやプリント基板等のMSL部品専用として特別設計されています。

1例として実装現場で使用するドライボックスは品物の出し入れの為、扉開閉頻度が多いのでその都度外気が侵入し、庫内の湿度が上昇しています。

McDRYは上昇した湿度を素早く下げる為に通常のドライユニット(除湿装置)の2〜3倍強力なドライユニットを装備し、庫内を素早く湿度5%RH以下の超低湿度に保ちます。
よって防湿包装(M・B・B)開封後のICパッケージ等のMSL部品をMcDRYに収納し防湿包装の延長として御利用下さい。

又万一の停電時でもドライユニットの乾燥剤の量が多いので長時間低湿度を保ちます。さらに停電時でも庫内の湿度値を表示致します。


 McDRYはIPC/JEDECに準拠しています
(デシケーター)(ドライキャビネット)
IPC/JEDECが規定している、湿度5%RH以下のドライボックスに、ICパッケージやLEDを収納するだけで完全に防湿出来ます
よって、フロワーライフは無期限となり、 リフロー時のマイクロクラックを「ゼロ」にすることが出来ます。
又、品物の出し入れは扉を開閉するだけの簡単な作業です。


 ICパッケージやLED、プリント基板等のMSL部品やその他の電子部品の低湿度保管
1. McDRYは、防湿包装開封後のICパッケージやLEDを低湿度で管理し、リフロー時のマイクロクラックを「ゼロ」とします。
又、プリント基板も低湿度で管理し、層間剥離やミーズリングを防止し、さらに基板表面の酸化も防止します。
尚プリント基板の管理湿度は、IPC-1601により湿度10%RH以下で管理する様規定されています。
2. McDRYは、ICパッケージ、LED、プリント基板等のMSL部品以外の電子部品(水晶振動子、CCD、マイクロレンズ等)の保管にも最適です。
コンデンサーやコネクタ等の電子部品も水分を吸着するとリフロー時の熱により損傷致します。
よって、ICパッケージと同様に低湿度で管理して下さい。
又、湿度5%RH以下の低湿度で電子部品を管理すればピンの酸化を防止し、ハンダの濡れ性も良好に保つ事が出来ます。
3. McDRYは、テープリール付フィーダーも保管出来ます。その際は製品(Productos)をクリックして、フィーダーバンク(フィーダー保管庫)又は、フィーダー台車保管庫を選定して下さい。


 補修部品(ICパッケージやLED、プリント基板等のMSL部品)の長期保管
湿度5%RH以下でICパッケージ等を管理すればフロワーライフは無期限となります。
よって、長期間にわたって、保管しなくてならない補修部品(ICパッケージやプリント基板等)の保管に最適です。


 ICパッケージやプリント基板の管理基準
・ICパッケージの管理基準:IPC/JEDEC J-STD-033Dに準拠しています。
・プリント基板の管理湿度:PC-1601に準拠しています。
・静電防止(ESD):IEC 61340-5-1に準拠しています。


 リチウムイオン電池関連部品の超低湿保管、露点−40℃
リチウムイオン電池関連部品の保管として、露点−30℃〜−40℃のドライボックスを提供致します。
特注品にも対応致しますのでぜひ御相談下さい。


 電子部品以外の低湿度保管
超低湿度保管を必要とする粉体やフィルム及び、加工部品の錆防止にはMcDRYが最適です。
特に自動車関連の加工部品の長期保管には、超低湿度ドライボックスが最適です。
尚、錆を完全に防止する為には、湿度5%RH以下のドライボックス管理が必要です。


 地震対策
McDRYは(HM、DXU、MCタイプ)地震対策として、ドアをワンタッチでロックします。よって、万一の地震時でもドアが開放し、品物が庫外に飛び出す様な事は一切ありません。



HOME  


ERC CO., LTD,JAPAN
PHONE :
+81-42-749-9751
F A X : +81-42-744-2521


(C)2007 ERC Co.,Ltd. All rights reserved.
本ウェブサイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての著作権はエクアールシー株式会社に帰属します。

s